ねこ夫で学ぶPC版ダークソウル 北の不死院攻略後編

シェアする


WS000024

WS000001
「不死院のデーモンから逃げたところから再開するニャ。」

WS000005
「あーその前に、ダークソウル2が発売しましたよって宣伝をしておく。
ちなみにPC版は4月25日発売予定だ。」

WS000003
「ねこ夫はPC版発売まで待つニャ。」



Sponsored link

北の不死院攻略

騎士とエスト瓶

WS000000

WS000000
「これってどう見てもこの先で盾が手に入るフラグだよニャ。」

WS000002
「まぁな。」

WS000002

WS000003
「矢に射られながら盾を手に入れたニャ。
おもいっきし矢が突き刺さってるニャ。」

 WS000004

WS000001
「そしてダッシュで逃げーる!」

WS000011
「安全地帯まで一旦退却したほうがいいな。」

WS000008

WS000010

WS000006
「騎士といえばやっぱ盾がないとニャ。」

WS000002
「これで相手の攻撃をガードすることができるようになるな。
パリィもできるが、その説明はまた今度にしておくか。」

WS000012

WS000001
「盾があれば矢も効かないニャ。
もう 何も 怖くない。」

WS000005
「なんだそのフラグっぽい発言は・・・。」

WS000013

WS000014

WS000003
「剣も手に入れたニャ。ってか今まで剣の柄で戦ってたのかニャ。」

WS000016

WS000006
「一気にダメージが増えたニャ。」

WS000000
「まぁ柄と比べればさすがにな。」

WS000018

WS000020

WS000001
「あっ!ここは鉄球?が来るんだよニャ。昔動画で観たのを覚えているニャ。」

WS000021

WS000001
「ギャース!!」

WS000005
「くらってるじゃないか。」

WS000002
「わかっていたのにくらっちゃったニャ・・・。」

WS000023

WS000000

WS000006
「鉄球で壊れた先へ行ったら、誰か倒れているニャ。」

DATA 2014-02-15 19-16-29-741

WS000001
オープニングのときにプレイヤーがいる牢に鍵(を持っている不死人)を投げこんでくれた騎士だな。」

WS000001
「あーあのときの騎士ね。」

WS000001

WS000000
「要約すると、この騎士も不死人だが、死にすぎて正気を保てなくなってきており、そろそろ亡者になってしまうそうだ。
だから最期にプレイヤーに頼みごとをしたい、というわけだな。」

WS000009
「バイオでいうゾンビなりかけ状態かニャ。」

WS000004
「不死とはいえ、死にすぎるとそうなってしまうんだな。」

WS000002

WS000004

WS000006
「まぁ遺言ぐらい聞いてあげないこともないんだけど・・・。」

WS000003

WS000015
「だが断る!ニャ。」

WS000005

WS000005
「えーー!話聞けよ・・・。」

WS000000
「いやまあなんとなく・・・その場のノリで・・・。」

WS000006

WS000006
「もう1回選択肢が出たりはしないのかニャ?」

WS000014
「フロムはそんなに優しくはないな。
仕方がないので、YESにした場合の会話を説明しておくぞ。」

WS000015

WS000007
「この騎士が住んでいたところでは、『不死人はロードランへ行って鐘を鳴らす』という言い伝えがあるらしい。」

WS000004
「ロードランって何だっけ・・・?」

DATA-2014-02-15-19-13-00-132-1024x576

WS000001
「ロードランというのは古竜と戦ったグウィンたちがいる場所だな。」

WS000006
「そこへ行って鐘を鳴らしてくればいいわけかニャ。」

WS000002
「そうだな。鐘云々については今は説明しないでおこう。」

WS000006

WS000003
「んで、この騎士はどうすりゃいいんだニャ?
これ以上会話がないみたいだけど・・・。」

WS000000
「YESを選択していたらキーアイテムを貰えたんだが、NOだと倒して奪い取るか、もしくは死ぬのを待つ(一定距離離れる)しかないな。」

WS000007

WS000000
    そう かんけいないね
ニア  殺 してでも う ば い と る
    ゆずってくれ たのむ!!

WS000008

WS000009

 WS000001
「ねんがんの エスト瓶(と鍵)をてにいれたぞ!」

WS000005
「な なにをする きさまらー と言っておいたほうがいいのかな・・・。」


WS000010

WS000001
「まぁ、エスト瓶について解説するぞ。」

WS000007
「エスト瓶とは不死人の宝で、飲むとHPを回復することができるアイテムだ。
かなりの貴重品という設定らしいが、なぜか序盤の雑魚ですら所持している。」

WS000003
「そこはつっこんじゃいけないところだニャ。」

WS000000

WS000001
「エスト瓶の使用回数は篝火で休息すると回復する。
また、回復中は隙だらけになるので、戦闘中に使用するときはタイミングに注意が必要だ。」

WS000000
「確か使用回数の上限を増やすことができるんだよニャ?」

WS000000
「もう少しストーリーが進めば使用回数の上限を増やすことができるようになるし、回復するHP量を増やすこともできるようになるな。
まぁそこらは機会があったら説明しよう。」

WS000001

WS000001
「ふむ。ま、騎士から貰った鍵で先へ進むニャ。」

WS000011
「奪ったとも言うがな。」

WS000008

 

不死院のデーモン(2戦目)

WS000000

WS000006
「不死院のデーモンとのリベンジマッチだニャ。」

WS000007
「相手の頭上にいる状態なので、この場合は落下しながら攻撃(RB)ボタンで落下攻撃ができるな。」

WS000001

WS000001
「落下攻撃で1/3ぐらい減ったニャ!」

WS000003

WS000000
「後は密着しつつ右に回りながら攻撃していけばなんとかなるはずだ。
回復するときは相手の攻撃をくらわないタイミングでな。」

WS000001
「へむへむ。」

WS000004

WS000005

WS000001
「勝てたニャ!いやー余裕だったわー。」

WS000005
「そこまで余裕な状況には見えなかったが、まぁいいだろう。
北の不死院は一応これで終了だな。」

ロードランへ

WS000008

WS000001
「先へ進むニャ。」

WS000010

WS000011

WS000012

WS000000

WS000004
「カラスに攫われたニャ。」

WS000013

WS000014

WS000001

WS000003
「いつカラスに手を離されるかわからない状況で大空を飛ぶのは、リアルで考えると怖いことだよニャ。」

WS000011
「不死だから落とされても死にはしないだろうけど、痛いことは痛いだろうからな。」

WS000016

WS000005
「ぽいっちょされたニャ。」

WS000017

WS000018

WS000000
「と言う訳で、目的のロードランに到着だ。あのカラスが何なのかは私も知らん。
ちなみにもう少し進めば、同じようにカラスに運ばれて北の不死院へ戻ることもできる。」

WS000003
「快適な空の旅とは言えなかったけど、まぁ運んでくれれば細かいことは気にしないでおくニャ。」


Sponsored link

シェアする

フォローする

  1. udon 2014/04/06(日) 19:03:53 ID:e00788f6e 返信

    今更ながら買ったので続き楽しみに待ってます!

    • ねこ夫とクマー 2014/04/06(日) 21:44:56 ID:a92db5ae4 返信

      (´・(ェ)・`)ありがとうございます。
      ここらで終わろうかと思っていましたが、ダークソウルの記事が一番検索からのアクセスがあるので、今月か来月にもう2~3記事ほど続きを書くかもしれません。(牛頭のデーモンを倒すまでは画像の用意があります)

  2. route 2014/04/14(月) 22:22:58 ID:50ab1e43a 返信

    私も当ブログを拝見して
    気になっていたダクソを買いました!w
    よろしければフレンドとかどうでしょう
    タグはRoute66USです

    • ねこ夫とクマー 2014/04/16(水) 16:17:30 ID:e926b244c 返信

      (´・(ェ)・`)フレンド登録送りました。よろしくどすええ。

(´・(ェ)・`)スパム対策のため、海外IPの方のコメントは規制しています。
(´・(ェ)・`)性的、暴力的、差別的な単語、荒らしがよく使う単語などが含まれているコメントや、荒らしの多いIPは、承認待ちになります。