『進撃の巨人28巻』『Before the fall 17巻』『進撃の巨人ストーリーガイド』が同時発売! 10周年記念の限定版も

Kindle新刊

別冊少年マガジンで連載されている諫山創氏の人気漫画『進撃の巨人28巻が本日4月9日に発売した。

進撃の巨人(28) (週刊少年マガジンコミックス)
諫山創
王家の血を引くジークを迎え入れ「地鳴らし」の発動条件を手に入れたエレン達。だが兵団は、エレンがジークに操られていた場合の危機を考慮し、二人を引き合わせることに躊躇。そしてマーレからの義勇兵を拘束してしまう。その事態に一部の兵士や民衆が不満を溜める中、ついにエレンが単独行動を起こす。

『進撃の巨人』は、巨人と人間との戦いを描いたダークファンタジー漫画。
迫力ある巨人との戦いや、巨人に侵略され領土がほとんど残されていないという主人公たちの絶望的な状況、なぜ巨人がいるのかといった謎に包まれた世界観などが人気を呼んだ。

今回発売する28巻では、エレンを担ぐイェーガー派の思惑や、ジークの想いなどが描かれる。

アニメは3期Part1まで放送されており、3期のPart2がNHKで4月28日24時10分から放送開始予定。
また、ハリウッドでの実写映画化も予定されている。

そして28巻では、『別冊少年マガジン』と『進撃の巨人』の10周年を記念した限定版も発売。
限定版では「10周年記念缶バッジ(特製55mm)」が2個付いてくる。

また『別冊少年マガジン』2019年4月号~9月号でも、6号連続で『進撃の巨人』の「10周年記念缶バッジ」が付いてくる(電子版には付録なし)。

なお本日は同時に、進撃の巨人 Before the fall17巻も発売。

同タイトルの小説が原作で、「立体機動装置」の誕生秘話を描いたスピンオフ漫画だ。

進撃の巨人 Before the fall(17) (シリウスコミックス)
諫山創
憲兵団から言い渡された期日に間に合わせるため、不穏な天候の中を遠征に出立した新生調査兵団。本隊から数十分遅れて最後尾を行くキュクロ達十班は、本隊の偵察隊が発した巨人発見の合図──「赤星」を確認して現場に急ぐ。一方、監察役として遠征に同行していた憲兵団のシャビィは先行して、いち早く赤星発射地点に達し、巨人と遭遇していた。「立体機動装置」誕生秘話を描く『進撃の巨人』プレストーリー、ここに完結!!

さらに、アニメ3期で描かれる『進撃の巨人』1~22巻までの内容を1冊にまとめた1冊でわかる! 進撃の巨人 ストーリーガイドも本日発売となっている。

Kindle新刊
この記事を書いた人
ねこくま

(´・(ェ)・`)雪だるまのねこくまです。
Twitterではゲームやマンガなどの速報をつぶやいています。

(´・(ェ)・`)ふぉろーみー
(´・(ェ)・`)ふぉろーみー
ねこくまぶろぐ

コメント