『五等分の花嫁8巻』『寄宿学校のジュリエット12巻』などが発売! 2月15日の新刊紹介

Kindle新刊

2月15日発売のKindle新刊紹介。

今日は『五等分の花嫁8巻』や『寄宿学校のジュリエット12巻』、『DAYS31巻』といったマガジンの漫画が多め。

コミックスで先月発売した『七つの大罪35巻』も、Kindle版は本日発売な模様。

スポンサーリンク

漫画の人気新刊

五等分の花嫁(8)
講談社
¥462(2019/10/04 10:48時点)
「落第寸前」「勉強嫌い」の美少女五つ子を、アルバイト家庭教師として「卒業」まで導くことになった風太郎。五つ子たちと風太郎の努力が実り2年生最後の試験で全員の全教科赤点回避に成功する。そんな中、二乃が風太郎に愛の告白! 急な出来事に風太郎は困惑! 春休みの間、五つ子たちと距離を置こうとする風太郎だが家族旅行で訪れた温泉宿で遭遇してしまい…。五つ子×温泉×キス! 風太郎は、五つ子への“愛”を試される!
寄宿学校のジュリエット(12)
講談社
¥462(2019/10/04 10:48時点)
犬塚が川で溺れて記憶喪失になってしまった!蓮季を彼女と勘違いし、丸流を親友と呼ぶなど、ピュアすぎる犬塚に学園中が大混乱。犬塚の記憶を取り戻すため、宿敵同士のペルシアと蓮季がタッグを組んだ! 犬塚を想う気持ちで記憶を呼び覚ませ!!
七つの大罪(35)
講談社
¥462(2019/10/04 10:48時点)
英雄六傑、頂上超決戦! 団長の魔神王化を阻み、王女を死の呪いから解き放つ。不可能を可能にすべく、敵中枢に斬り込む命知らずたち! 「閃光」の天使長、唯我独尊の〈傲慢〉、天下一の魔術士らの強襲が功を奏すか? 〈おしゃぶり〉&〈うたたね〉の最凶W指南役が返り討ちに仕留めるか? 天下分け目のキャメロット。聖戦の本丸で勝機を掴むはいずれの軍か──!?
ランウェイで笑って(9)
講談社
¥462(2019/10/04 10:48時点)
圧巻!! 宿敵・綾野遠のショー! 最優秀賞を手にするのは!? ──居並ぶバイヤー・観客の目の色が変わる。育人の最大のライバル・遠のショーが始まった。威風凛々かつ精妙巧緻。覇道にして王道たるその才にランウェイが染まる。“歴代総生徒12万人のトップ”と称される、天才・遠の実力とは──。育人と遠、心と千雪、それぞれの現在地が測られる、運命の結果発表。ついに、芸華祭ファッションショーのグランプリが決まる!
さよなら私のクラマー(8)
講談社
¥462(2019/10/04 10:48時点)
栄泉船橋のエース・国府妙を止めるためのワラビーズの策、“刈りとる者”越前の投入と恩田のポジションチェンジは、戦局をどう変えるのか…!? インターリーグ準決勝、ついに完結! 勝利の女神が微笑むのは――!?
DAYS(31)
講談社
¥462(2019/10/04 10:48時点)
「これが僕らの桜高サッカー部だ」。1点を追う桜高は、後半開始から投入されたエース成神が、すぐさま相手DFをごぼう抜き。会場の雰囲気を一変させる。一方、青函も樋口がマンマークで対応。平の負担を減らすためにも3年間積み上げてきた己の全てを懸けて、成神に喰らいつく。激闘の桜高vs.青函、クライマックスへ──!!
THE NEW GATE6
アルファポリス
¥605(2019/10/04 10:48時点)
ゲームそっくりの異世界に飛ばされてしまった最強プレイヤー・シン。ベイルリヒト王国に帰還した彼を待ち受けていたのは、武勇に名高い王女・リオンだった。王国最強の「選定者」との戦いの行方や如何に!?一方、裏では人類の敵対者【瘴魔】の陰謀が動き始め――。
ヴラド・ドラクラ 2巻
KADOKAWA
¥614(2019/10/04 10:48時点)
信頼できる有能な配下を集め、徐々に勢力を拡大していくヴラド。
しかし、国内貴族たちの抵抗もまた激しくなっていく。
貴族たちは前君公の子息、ダン・ダネスティを担ぎ出し、
大国ハンガリーの力を得てヴラド追放に動き出していた――。
ヴラドに最大の危機が訪れる、第二巻!
薔薇王の葬列 11
秋田書店
¥389(2019/10/04 10:48時点)
共謀者としての契りを結んだリチャードとバッキンガムは、邪魔者を次々と粛清していく。磐石な地盤を求め、リチャードが次に出た行動とは…!? 一方、エリザベスが反撃の準備を進め…!? ※こちらは巻末に電子版のみの特典ペーパーがついています。
凪のお暇 5
秋田書店
¥518(2019/10/04 10:48時点)
新たなバイト先で、今までとはまるで違う人間関係を築き始めた凪。一方、凪への想いを引きずる慎二の前にも、かわいい後輩が現れて…?
ブラック企業の社員が猫になって人生が変わった話 モフ田くんの場合
KADOKAWA
¥599(2019/10/04 10:48時点)
働き方改革で騒がれる現代。見直されつつあるものの、やはり存在するブラック企業。激務、長時間拘束、薄給…。三拍子揃ったブラック企業の1つで働いていた主人公のモフ田くんは、朝目覚めると猫になっていた!

ラノベ・小説の人気新刊

冒険者になりたいと都に出て行った娘がSランクになってた 4
アース・スター エンターテイメント
¥1,188(2019/10/04 10:48時点)
トルネラに戻ったベルグリフはエルフである伝説の冒険者とその姪孫にあたる王女そして魔王の力をその身に宿す子供たちと出会い、自身の嫁探しをする娘の親孝行(?)もつゆ知らず彼らと賑やかで温かな生活を送っていた。そんな日常の中で、自身の中の燻っていた思いと向き合うことになり、彼はある決心をする…!!
転生したらドラゴンの卵だった ~最強以外目指さねぇ~ 9
アース・スター エンターテイメント
¥1,166(2019/10/04 10:48時点)
俺(ドラゴン)VS魔王(因縁のスライム)――そして、神さえ予期せぬ“最悪の災厄”が待ち受ける!!!王女に扮する魔王を打ち倒すべく聖女と手を組んで王城へと飛び込んだ俺(イルシア)。手下を倒した先で待ち受けていたのは【神の声】を持ち、以前、村を壊滅させようと企てたスライム(魔王)だった。他人から奪ったスキルを使って強力な攻撃を仕掛けるスライムに対して苦戦しつつも俺はなんとか追いこむことに成功。ところが、虫の息だったはずのスライムは――突然、進化を迎える。
ゲート―SEASON2 自衛隊 彼の海にて、斯く戦えり 3.熱走編
アルファポリス
¥1,744(2019/10/04 10:48時点)
海賊対処等関連法の可決により、本格的に異世界の海の取り締まりに乗り出した海上保安庁ならびに海上自衛隊。先陣を任されたミサイル艇『うみたか』や『はやぶさ』の活躍もあり、商船を襲う海賊船は次々と拿捕され、海の治安は少しずつ改善されていく。そんな中、海賊達に大砲を貸しつけていたとされる、とある国家の情報が浮上する。その国とは、海に浮かぶ大国アトランティア
後宮の烏2
集英社
¥638(2019/10/04 10:48時点)
後宮で生きながら帝のお渡りがなく、また、けして帝にひざまずくことのない特別な妃・烏妃。当代の烏妃として生きる寿雪は、先代の言いつけに背き、侍女を傍に置いたことに深く戸惑っていた。ある夜、後宮で起きた凄惨な事件は、寿雪が知る由もなかった驚愕の真実をもたらす、が――。烏妃をしばる烏漣娘娘とは何か? 烏漣娘娘がおそれる「梟」とは一体誰なのか?
紅霞後宮物語 第九幕
KADOKAWA
¥594(2019/10/04 10:48時点)
敵対する司馬氏は消えたが、梅花がいなくなったことで後宮の規律は乱れ、小玉の負担は増大していた。真桂と紅燕が小玉を支えるが、反小玉の動きを見せる妃嬪も出てきている。そんな中、鳳に関するある噂が届き――?

その他

吃音―伝えられないもどかしさ―
新潮社
¥1,485(2019/10/04 10:48時点)
頭の中に伝えたい言葉ははっきりとあるのに、相手に伝える前に詰まってしまう――それが吃音だ。店での注文や電話の着信に怯え、伝達コミュニケーションがうまくいかないことで、離職、家庭の危機、時に自殺にまで追い込まれることさえある。自らも悩んだ著者が、丹念に当事者たちの現実に迫るノンフィクション!
極夜行前
文藝春秋
¥1,528(2019/10/04 10:48時点)
『極夜行』完結に要した時間は三年。天測を現地で学び、夏にはセイウチに襲われた。そして犬との愛憎物語等スリリングなプロセス。
ジ・アート・オブ Fallout 4
誠文堂新光社
¥4,104(2019/10/04 01:56時点)
『Fallout 3』や『The Elder Scrolls V: Skyrim』で数々の賞を獲得してきたBethesda Game Studios最高の意欲作である次世代オープンワールドRPG超大作『Fallout 4』のデザインの裏側を、思う存分堪能できるアートブック――核戦争後のウェイストランドを探索するプレイヤーにとって、頼もしい味方になること間違いなし。刻一刻と変化するゲーム内の環境、主要キャラクター、さらには武器の細部などを描いた未公開のデザインやコンセプトアートが、開発者のコメントとともに多数収録されたファン必携の一冊。

Fallout4のアート集も、Kindle版は今日発売かな?

Kindle新刊
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人
ねこくま

(´・(ェ)・`)雪だるまのねこくまです。
TwitterでもKindleの新刊やセール、新作ゲームなどの情報を呟いています。

(´・(ェ)・`)ふぉろーみー
(´・(ェ)・`)ふぉろーみー
ねこくまぶろぐ

コメント