TwitterはこちらKindleセールはこちら

【終了】幻冬舎新書499円均一セール!『未来の稼ぎ方』『脳に悪い7つの習慣』『本物の教養』『宇宙とは何か』など10月17日まで

過去記事

Kindleにて、幻冬舎新書の499円均一セール10月17日まで開催している。教養とか雑学とかそういう本だな。

幻冬舎新書っていうと、『宇宙は何でできているのか』が新書大賞2011の大賞になっててオススメねー。

499円均一

未来の稼ぎ方

未来の稼ぎ方 ビジネス年表2019-2038 (幻冬舎新書)
幻冬舎
¥499(2019/10/14 23:00時点)
20世紀末からの20年、ビジネスの覇者は製造業からITへと移った。これから20年はさらなる変化を迎える。そのときビジネスパーソンに求められるのは、イノベーション(技術革新)を起こす力ではない。むしろ既存の技術を応用し、新たな業界へ攻める力と、未来への戦略を立てるための業界横断的な情報収集力、そして先見の明だ。

脳に悪い7つの習慣

脳に悪い7つの習慣
幻冬舎
¥499(2019/10/11 11:22時点)
脳に悪い習慣とは、①「興味がない」と物事を避けることが多い、②「嫌だ」「疲れた」とグチを言う、③言われたことをコツコツやる、④常に効率を考えている、⑤やりたくないのに、我慢して勉強する、⑥スポーツや絵などの趣味がない、⑦めったに人をほめない、の7つ。これらをやめるだけで頭の働きが倍増する理由を、脳のしくみからわかりやすく解説。

人生を面白くする 本物の教養

人生を面白くする 本物の教養 (幻冬舎新書)
幻冬舎
¥499(2019/10/14 23:00時点)
教養とは人生における面白いことを増やすためのツールであるとともに、グローバル化したビジネス社会を生き抜くための最強の武器である。その核になるのは、「広く、ある程度深い知識」と、腑に落ちるまで考え抜く力。そのような本物の教養はどうしたら身につけられるのか。

宇宙とは何か(全巻)

宇宙とは何か
重力は、宇宙を支配する力。「弱い」「消せる」など不思議な性質があり、まだその働きが解明されていない重力。最新の重力研究から宇宙の根本原理に迫る。

出世する人の英語

出世する人の英語 アメリカ人の論理と思考習慣 (幻冬舎新書)
幻冬舎
¥499(2019/10/14 23:00時点)
ある程度の英語力があるのに、外資系企業で上司や同僚、クライアントとのコミュニケーションがうまくとれず、苦労している日本人は少なくない。「それはアメリカ人特有の考え方や思考の癖を理解していないから」と著者は言う。日本人が思うアメリカ人像と、実際のアメリカ人はかなり乖離しており、それに気づくのが遅くて出世できない日本人が非常に多いのだ。

英語を学ぶのは40歳からがいい

英語を学ぶのは40歳からがいい 3つの習慣で力がつく驚異の勉強法 (幻冬舎新書)
幻冬舎
¥499(2019/10/14 23:00時点)
40歳すぎは英語に対する切実な想い、集中力が高く、社会経験も豊富なため、コツさえつかんで勉強すれば英語力はぐいぐい伸びる!

50歳から始める英語

50歳から始める英語 楽しいから結果が出る「正しい勉強法」74のリスト (幻冬舎新書)
幻冬舎
¥499(2019/10/14 23:00時点)
生まれてこの方ずっと身近にある外国語は英語。なのに字幕なしで映画鑑賞はおろか海外旅行での簡単な会話すらままならず、諦め続けている人は多い。しかし英語を習得するなら時間とお金に余裕があり経験豊富な50歳からがいい。この期に及んで同時通訳を目指したり欧米企業に勤めるわけじゃない今だからこそ、誰からも強制されない英語学習は楽しく、人生をも豊かにする。

英語が上手くなりたければ恋愛するに限る

英語が上手くなりたければ恋愛するに限る 究極のコミュニケーション181のフレーズ (幻冬舎新書)
幻冬舎
¥499(2019/10/14 23:00時点)
基礎英語よりビジネス英語より確実に語学が上達する方法、それは英語を母語とする恋人を持つことだといわれる。自分の気持ちや願望を正確に相手に伝えたいという思いこそが、言語のスピード・ラーニングにつながるからである。実際に恋人を作らなくとも、本書が紹介する出会いのフレーズや一連のコミュニケーション英会話が自然に口をついて出れば、日常やビジネス・シーンに応用可能な英語力が必ず身につく。

世界一簡単なフランス語の本

世界一簡単なフランス語の本 すぐに読める、読めれば話せる、話せれば解る! (幻冬舎新書)
幻冬舎
¥499(2019/10/14 23:00時点)
この1冊なら挫折しない。憧れのフラ語が、ついにあなたのものに! 外国人かつ初心者なのだから完璧なんか目指さない。すると、すらすら読める。おおよそが頭に入る。歴史的入門書の誕生!

シャーデンフロイデ 他人を引きずり下ろす快感

シャーデンフロイデ 他人を引きずり下ろす快感 (幻冬舎新書)
幻冬舎
¥499(2019/10/14 23:00時点)
「シャーデンフロイデ」とは、他人を引きずり下ろしたときに生まれる快感のこと。成功者のちょっとした失敗をネット上で糾弾し、喜びに浸る。実はこの行動の根幹には、脳内物質「オキシトシン」が深く関わっている。オキシトシンは、母子間など、人と人との愛着を形成するために欠かせない脳内ホルモンだが、最新の研究では「妬み」感情も高めてしまうことがわかってきた。

死ぬほど読書

死ぬほど読書 (幻冬舎新書)
幻冬舎
¥499(2019/10/14 23:00時点)
もし、あなたがよりよく生きたいと望むなら、「世の中には知らないことが無数にある」と自覚することだ。すると知的好奇心が芽生え、人生は俄然、面白くなる。自分の無知に気づくには、本がうってつけだ。ただし、読み方にはコツがある。「これは重要だ」と思った箇所は、線を引くなり付箋を貼るなりして、最後にノートに書き写す。ここまで実践して、はじめて本が自分の血肉となる。

悪の出世学

悪の出世学 ヒトラー、スターリン、毛沢東
幻冬舎
¥499(2019/10/14 23:00時点)
権力を握ることは悪ではないが、激しい闘争を勝ち抜き、のしあがった者に〝ただのいい人〟はいない。本書は歴史上、最強最悪といわれる力を持った三人の政治家――ヒトラー、スターリン、毛沢東の権力掌握術を分析。

ゴッホのあしあと

ゴッホのあしあと 日本に憧れ続けた画家の生涯 (幻冬舎新書)
幻冬舎
¥499(2019/10/14 23:00時点)
生前一枚しか絵が売れず、三七歳で自殺したフィンセント・ファン・ゴッホ。映画「炎の人ゴッホ」の影響もあり不遇をかこった狂気の天才という印象が強く、死後高騰し続ける作品は、今では時に百億円を超える金額で取引され、センセーショナルに語られることが多い。だが真の姿は写実絵画から浮世絵、空想画と新しい描法を研究し独自の様式を追い続けた努力の人。

考えるとはどういうことか

考えるとはどういうことか 0歳から100歳までの哲学入門 (幻冬舎新書)
幻冬舎
¥499(2019/10/14 23:00時点)
「考えることは大事」と言われるが、「考える方法」は誰も教えてくれない。ひとり頭の中だけでモヤモヤしていてもダメ。人と自由に問い、語り合うことで、考えは広く深くなる。その積み重ねが、息苦しい世間の常識、思い込みや不安・恐怖から、あなたを解放する――対話を通して哲学的思考を体験する試みとしていま注目の「哲学対話」。

エロティック日本史

エロティック日本史 古代から昭和まで、ふしだらな35話 (幻冬舎新書)
幻冬舎
¥499(2019/10/14 23:00時点)
日本の歴史にはエロが溢れている。国が生まれたのは神様の性交の結果で(そしてそれは後背位だった)、奈良時代の女帝は秘具を詰まらせて亡くなった。豊臣秀吉が遊郭を作り、日露戦争では官製エロ写真が配られた。――本書ではこの国の歴史を彩るHな話を丹念に蒐集し、性の通史としていたって真面目に論じてゆく。

日本の「老後」の正体

日本の「老後」の正体 (幻冬舎新書)
幻冬舎
¥499(2019/10/14 23:00時点)
「日本は借金が1000兆円もあり、財政破綻は避けられない」「少子高齢化で経済成長も望めず、将来年金はもらえないだろう」――。これらの考えはすべて誤りだと著者は言う。「財政は破綻しないし、年金は確実にもらえる。だから年金の保険料を払わないと損をする! 」そう主張する著者の根拠を数字で具体的に解説。

日本の難点

日本の難点
幻冬舎
¥499(2019/10/14 23:00時点)

書くことが思いつかない人のための文章教室

書くことが思いつかない人のための文章教室 (幻冬舎新書)
幻冬舎
¥499(2019/10/14 23:00時点)
ネタが浮かばないときの引き出し方から、共感を呼ぶ描写法、書く前の構成メモのつくり方まで、すぐ使える文章のコツが満載。例題も豊富に収録、解きながら文章力が確実にアップする!

日本の没落

日本の没落 (幻冬舎新書)
幻冬舎
¥499(2019/10/05 10:17時点)
あらゆる文化はいずれ衰退する――。百年前にそう予言し、当時のヨーロッパで大論争を巻き起こしたドイツの哲学者オズヴァルト・シュペングラー。彼が『西洋の没落』で描く経済成長の鈍化、少子化、民主主義の死といった事象は、今日の日本が直面する問題そのものである。日本はこのままどこまで堕ちるか、それとも抗う道はあるか。

金融排除

金融排除 地銀・信金信組が口を閉ざす不都合な真実 (幻冬舎新書)
幻冬舎
¥499(2019/10/14 23:00時点)
「貸出先がない」「銀行の数が多すぎる」という銀行の常識は正しいのか。「十分な担保・保証がある企業以外には貸し出しをしない」という「金融排除」を銀行自らが疑いもしないのはなぜか。特に人口減少の激しい地域で、この問題を放置すれば、地方の衰退を招くだけでなく、金融機関の自滅にも繋がりかねない。そこで金融庁は、排除の克服を求め「未来の健全性」を重視した銀行検査に着手。本書では「金融排除」の実態を明らかにしつつ、革新的なビジネスモデルで実績を上げ始めた金融機関の事例も紹介。

なぜ八幡神社が日本でいちばん多いのか

なぜ八幡神社が日本でいちばん多いのか 【最強11神社】八幡/天神/稲荷/伊勢/出雲/春日/熊野/祗園/諏訪/白山/住吉の信仰系統
幻冬舎
¥499(2019/10/14 23:00時点)
日本全国の神社の数は約8万社。初詣、宮参り、七五三、合格祈願、神前結婚……と日本人の生活とは切っても切り離せない。また伊勢神宮や出雲大社など有名神社でなくとも、多くの旅程には神社めぐりが組み込まれている。かように私たちは神社が大好きだが、そこで祀られる多種多様な神々について意外なほど知らないばかりか、そもそもなぜ神社に特定の神が祀られているかも謎だ。数において上位の神社の中から11系統を選び出し、その祭神について個別に歴史と由緒、特徴、信仰の広がりを解説した画期的な書。

日本人なら知っておきたい日本文学

日本人なら知っておきたい日本文学 ヤマトタケルから兼好まで、人物で読む古典 (幻冬舎単行本)
幻冬舎
¥499(2019/10/14 23:01時点)
紫式部、藤原道長、菅原孝標女、鴨長明……「名前だけ知ってるあの人」が大好きになる教養コミック!累計140万部突破のベストセラー『日本人の知らない日本語』著者、待望の最新刊!!

ほかいろいろ

コメント

タイトルとURLをコピーしました