【終了】話題の小説&ノンフィクションフェア!『高校事変』『検事の信義』『 世界最強の商人』など9月26日まで

過去記事

Kindleにて、角川文庫50%OFFセール(たぶん)が9月26日まで開催している。名作・話題作の小説・ノンフィクション作品800冊以上対象になっているな。

まぁだいたい小説かね。対象になってるのだと、松岡圭祐さんの『高校事変』なんかが最近話題じゃろうか。

高校事変 (角川文庫)
KADOKAWA
¥772(2019/10/04 03:58時点)

高校に武装集団がやってきて、それを凄腕の女子高生が撃退するという、よくある妄想ネタを題材としたアクション小説だな。ほかにも時事ネタを色々絡めている。

学校にテロリスト」は黒歴史をエグってくるね。

スポンサーリンク

50%OFF

高校事変

高校事変 (角川文庫)
KADOKAWA
¥772(2019/10/04 03:58時点)
優莉結衣(ゆうり・ゆい)は、平成最大のテロ事件を起こし死刑となった男の娘。事件当時、彼女は9歳で犯罪集団と関わりがあった証拠はない。今は武蔵小杉高校の2年生。この学校に支持率向上を狙った総理大臣が訪問することになった。総理がSPとともに校舎を訪れ生徒や教員らとの懇親が始まるが、突如武装勢力が侵入。総理が人質にとられそうになる。別の教室で自習を申し渡されていた結衣は、逃げ惑う総理ら一行と遭遇。次々と襲ってくる武装勢力を化学や銃器のたぐいまれなる知識や機転で次々と撃退していく。

「佐方貞人」シリーズ

最後の証人

最後の証人 「佐方貞人」シリーズ (角川文庫)
KADOKAWA
¥400(2019/10/04 03:58時点)
検事を辞して弁護士に転身した佐方貞人のもとに殺人事件の弁護依頼が舞い込む。ホテルの密室で男女の痴情のもつれが引き起こした刺殺事件。現場の状況証拠などから被告人は有罪が濃厚とされていた。それにも拘わらず、佐方は弁護を引き受けた。「面白くなりそう」だから。佐方は法廷で若手敏腕検事・真生と対峙しながら事件の裏に隠された真相を手繰り寄せていく。やがて7年前に起きたある交通事故との関連が明らかになり……。

検事の本懐

検事の本懐 「佐方貞人」シリーズ (角川文庫)
KADOKAWA
¥400(2019/10/04 03:58時点)
連続放火事件に隠された真実を追究する「樹を見る」、東京地検特捜部を舞台にした「拳を握る」ほか、検事・佐方貞人が活躍する、法廷ミステリー第2弾。第15回大藪春彦賞受賞。

検事の死命

検事の死命 「佐方貞人」シリーズ (角川文庫)
KADOKAWA
¥644(2019/10/04 03:58時点)
郵便物紛失事件の謎に迫る「心を掬う」、検事の矜持を描いた「死命を賭ける」ほか、検事・佐方貞人が活躍する、法廷ミステリー第3弾。

検事の信義

検事の信義 佐方貞人シリーズ (角川書店単行本)
KADOKAWA
¥1,485(2019/10/04 03:58時点)
任官5年目の検事・佐方貞人は、認知症だった母親を殺害して逮捕された息子・昌平の裁判を担当することになった。昌平は介護疲れから犯行に及んだと自供、事件は解決するかに見えた。しかし佐方は、遺体発見から逮捕まで「空白の2時間」があることに疑問を抱く。独自に聞き取りを進めると、やがて見えてきたのは昌平の意外な素顔だった……。

世界最強の商人(全巻)

世界最強の商人
ハフィッドは師から成功の秘訣が書かれた10巻の巻物を譲られる。教えを守り成功したハフィッドは巻物を継ぐ人物を密かに待ち受ける。現れた青年とは……。人生成功の原理をわかりやすく説く大人の寓話。

論語と算盤

論語と算盤 (角川ソフィア文庫)
KADOKAWA
¥400(2019/10/04 03:58時点)
孔子の教えに従って商売をする――。日本実業界の父、渋沢栄一が、その経営哲学を後進の企業家たちを育成するために語った談話集。金儲けと社会貢献の均衡を図る、現代にも生きる品格ある経営人のためのバイブル。

幻夏

幻夏 (角川文庫)
KADOKAWA
¥792(2019/10/04 03:58時点)
「俺の父親、ヒトゴロシなんだ」毎日が黄金に輝いていたあの夏、同級生に何が起こったのか――少女失踪事件を捜査する刑事・相馬は、現場で奇妙な印を発見し、23年前の苦い記憶を蘇らせる。台風一過の翌日、川岸にランドセルを置いたまま、親友だった同級生は消えた。流木に不思議な印を残して……。

グラスホッパー

グラスホッパー (角川文庫)
KADOKAWA
¥574(2019/10/04 03:58時点)
「復讐を横取りされた。嘘?」元教師の鈴木は、妻を殺した男が車に轢かれる瞬間を目撃する。どうやら「押し屋」と呼ばれる殺し屋の仕業らしい。鈴木は正体を探るため、彼の後を追う。一方、自殺専門の殺し屋・鯨、ナイフ使いの若者・蝉も「押し屋」を追い始める。それぞれの思惑のもとに――

果しなき流れの果に

果しなき流れの果に (角川文庫)
KADOKAWA
¥673(2019/10/04 03:58時点)
巨大な剣竜や爬虫類がいた六千万年も前の中生代の岩層から、奇妙な砂時計が発見された。その砂は、いくら落ちても減らず、上から下へ間断なく砂がこぼれおちて、四次元の不思議な世界を作り出していた。常識では考えられない超科学的現象……! さらに不可解な事件が起きた。この出土品の発見場所の古墳へ出向いていた関係者が、次々と行方不明となり、変死を遂げてしまったのだ――。

言の葉の庭

小説 言の葉の庭 (角川文庫)
KADOKAWA
¥400(2019/10/04 03:58時点)
雨の朝、高校生の孝雄と、謎めいた年上の女性・雪野は出会った。雨と緑に彩られた一夏を描く青春小説。

君の名は。

小説 君の名は。 (角川文庫)
KADOKAWA
¥400(2019/10/04 03:58時点)
山深い町の女子高生・三葉が夢で見た、東京の男子高校生・瀧。2人の隔たりとつながりから生まれる「距離」のドラマを描く新海誠的ボーイミーツガール。

秒速5センチメートル

小説 秒速5センチメートル (角川文庫)
KADOKAWA
¥300(2019/10/04 03:58時点)
「桜の花びらの落ちるスピードだよ。秒速5センチメートル」。いつも大切なことを教えてくれた明里、彼女を守ろうとした貴樹。

自閉症の僕が跳びはねる理由

自閉症の僕が跳びはねる理由 (角川文庫)
KADOKAWA
¥300(2019/10/04 03:58時点)
人との会話が困難で気持ちを伝えることができない自閉症者の心の声を、著者が13歳の時に記した本書。障害を個性に変えて生きる純粋でひたむきな言葉は、当事者や家族だけでなく、海をも越えて人々に希望と感動をもたらした。

愛がなんだ

愛がなんだ (角川文庫)
KADOKAWA
¥455(2019/10/04 03:58時点)
「私はただ、ずっと彼のそばにはりついていたいのだ」――OLのテルコはマモちゃんに出会って恋に落ちた。彼から電話があれば仕事中でも携帯で長話、食事に誘われればさっさと退社。すべてがマモちゃん最優先で、会社もクビになる寸前。だが、彼はテルコのことが好きじゃないのだ。テルコの片思いは更にエスカレートしていき……。

この命、義に捧ぐ

この命、義に捧ぐ 台湾を救った陸軍中将根本博の奇跡 (角川文庫)
KADOKAWA
¥400(2019/10/04 03:58時点)
中国国民党と毛沢東率いる共産党との「国共内戦」。金門島まで追い込まれた蒋介石を助けるべく、海を渡った日本人がいた―。台湾を救った陸軍中将の奇跡を辿ったノンフィクション。第19回山本七平賞受賞。

夜市

夜市 (角川ホラー文庫)
KADOKAWA
¥495(2019/10/04 03:58時点)
妖怪たちが様々な品物を売る不思議な市場「夜市」。ここでは望むものが何でも手に入る。小学生の時に夜市に迷い込んだ裕司は、自分の弟と引き換えに「野球の才能」を買った。野球部のヒーローとして成長した裕司だったが、弟を売ったことに罪悪感を抱き続けてきた。そして今夜、弟を買い戻すため、裕司は再び夜市を訪れた――。奇跡的な美しさに満ちた感動のエンディング! 魂を揺さぶる、日本ホラー小説大賞受賞作。

動物農場

動物農場 (角川文庫)
KADOKAWA
¥455(2019/10/04 03:58時点)
一従軍記者としてスペイン戦線に投じた著者が見たものは、スターリン独裁下の欺瞞に満ちた社会主義の実態であった……寓話に仮託し、怒りをこめて、このソビエト的ファシズムを痛撃する。

マリアビートル

マリアビートル (角川文庫)
KADOKAWA
¥400(2019/10/04 03:58時点)
酒浸りの元殺し屋「木村」。狡猾な中学生「王子」。腕利きの二人組「蜜柑」「檸檬」。運の悪い殺し屋「七尾」。物騒な奴らを乗せた東北新幹線は疾走する! 『グラスホッパー』に続く、殺し屋たちの狂想曲。

クリムゾンの迷宮

クリムゾンの迷宮 (角川ホラー文庫)
KADOKAWA
¥653(2019/10/04 03:58時点)
藤木芳彦は、この世のものとは思えない異様な光景のなかで目覚めた。視界一面を、深紅色に濡れ光る奇岩の連なりが覆っている。ここはどこなんだ? 傍らに置かれた携帯用ゲーム機が、メッセージを映し出す。「火星の迷宮へようこそ。ゲームは開始された……」それは、血で血を洗う凄惨なゼロサム・ゲームの始まりだった。

天使の囀り

天使の囀り (角川ホラー文庫)
KADOKAWA
¥772(2019/10/04 03:58時点)
北島早苗は、終末期医療に携わる精神科医。恋人の高梨は、病的な死恐怖症(タナトフォビア)だったが、新聞社主催のアマゾン調査隊に参加してからは、人格が異様な変容を見せ、あれほど怖れていた『死』に魅せられたように自殺してしまう。さらに、調査隊の他のメンバーも、次々と異常な方法で自殺を遂げていることがわかる。アマゾンでいったい何が起きたのか?

MASK

MASK 東京駅おもてうら交番・堀北恵平 (角川ホラー文庫)
KADOKAWA
¥634(2019/10/04 03:58時点)
東京駅のコインロッカーで、箱詰めになった少年の遺体が発見される。遺体は全裸で、不気味な面を着けていた――東京駅おもて交番で研修中の堀北恵平は、女性っぽくない名前を気にする新人警察官。先輩刑事に協力して事件を捜査することになった彼女は、古びた交番に迷い込み、過去のある猟奇殺人について聞く。その顛末を知った恵平は、犯人のおぞましい目的に気づく!

猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子(全巻)

猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子
謎の連続自殺事件。被害者は、かつて自分が犯した殺人事件と同じ手口で死んでいく。事件を追う新人刑事・藤堂比奈子が出会ったおぞましい真実とは!? 第21回日本ホラー小説大賞読者賞受賞!

さよなら私

さよなら私 (角川文庫)
KADOKAWA
¥455(2019/10/04 03:58時点)
いいこともあれば、よくないこともある。始めがあれば、終わりもある。そもそもは何もないところから生まれ、何もないところに帰っていくだけのこと。「自分」という存在があるなんて思っているから、人生は生きづらいんだ。自分探しや、ないものねだりはやめよう。キープ・オン・バカ。そもそも答えなんてないんだから。

テロリストのパラソル

テロリストのパラソル (角川文庫)
KADOKAWA
¥574(2019/10/04 03:58時点)
ある土曜の朝、アル中のバーテン・島村は、新宿の公園で一日の最初のウイスキーを口にしていた。その時、公園に爆音が響き渡り、爆弾テロ事件が発生。死傷者五十人以上。島村は現場から逃げ出すが、指紋の付いたウイスキー瓶を残してしまう。テロの犠牲者の中には、二十二年も音信不通の大学時代の友人が含まれていた。島村は容疑者として追われながらも、事件の真相に迫ろうとする――。小説史上に燦然と輝く、唯一の乱歩賞&直木賞ダブル受賞作!

ペンギン・ハイウェイ

ペンギン・ハイウェイ (角川文庫)
KADOKAWA
¥614(2019/10/04 03:58時点)
ぼくはまだ小学校の四年生だが、もう大人に負けないほどいろいろなことを知っている。毎日きちんとノートを取るし、たくさん本を読むからだ。ある日、ぼくが住む郊外の街に、突然ペンギンたちが現れた。このおかしな事件に歯科医院のお姉さんの不思議な力が関わっていることを知ったぼくは、その謎を研究することにした──。少年が目にする世界は、毎日無限に広がっていく。第31回日本SF大賞受賞作。
過去記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人
ねこくま

(´・(ェ)・`)雪だるまのねこくまです。
TwitterでもKindleの新刊やセール、新作ゲームなどの情報を呟いています。

(´・(ェ)・`)ふぉろーみー
(´・(ェ)・`)ふぉろーみー
ねこくまぶろぐ

コメント