【終了】『ロード・エルメロイII世の事件簿』アニメ放送記念フェア! 小説版などFateシリーズ作品が8月15日までセール

過去記事

Kindleにて、『ロード・エルメロイII世の事件簿』のアニメ放送を記念してたFate作品セール8月15日まで開催。

ロード・エルメロイII世の事件簿』をはじめ、『Fate/Apocrypha』『Fate/Requiem』『Fate/Labyrinth』などが対象となっている。

ちなみに『ロード・エルメロイII世の事件簿』について軽く紹介しておくと、本作は『Fate/Zero』に登場し、聖杯戦争を生き残ったウェイバー・ベルベットを主役としたFateシリーズのスピンオフ作品。

ミステリーという形になっており、著者は『レンタルマギカ』で知られる三田誠氏が担当している。

アニメの前半はオリジナルストーリーだが、後半は小説版4~5巻にあたる「魔眼蒐集列車」のストーリーで構成されている。

小説

ロード・エルメロイII世の事件簿(9巻まで)

ロード・エルメロイII世の事件簿
三田 誠
『時計塔』。それは魔術世界の中心。貴い神秘を蔵する魔術協会の総本山。この『時計塔』において現代魔術科の君主(ロード)であるエルメロイII世は、とある事情から剥離城アドラでの遺産相続に巻き込まれる。城中に鏤められた数多の天使、そして招待者たちそれぞれに与えられた〈天使名〉の謎を解いた者だけが、剥離城アドラの『遺産』を引き継げるというのだ。だが、それはけして単なる謎解きではなく、『時計塔』に所属する高位の魔術師たちにとってすら、あまりにも幻想的で悲愴な事件のはじまりであった──。

Fate/Apocrypha(全巻)

Fate/Apocrypha
東出 祐一郎
かつて、冬木と呼ばれる街では七人の魔術師と英霊たちによる聖杯戦争が執り行われていた。だが、第二次世界大戦の混乱に乗じて、とある魔術師が聖杯を強奪。 数十年が経ち、その聖杯を象徴(シンボル)に掲げたユグドミレニア一族は魔術協会からの離反、組織の独立を宣言。怒れる魔術協会は刺客を送り込むが、彼らが召喚したサーヴァントによって返り討ちに遭う。 サーヴァントに対抗するにはサーヴァント。聖杯戦争のシステムが変更され、七騎対七騎という空前絶後の規模の戦争――聖杯大戦が勃発。 一方、聖杯大戦の審判として十五人目のサーヴァント――ジャンヌ・ダルクが召喚される。彼女は自分が召喚されたことへの疑念を抱きながらも、舞台となる街トゥリファスへと赴くが……。

Fate/Requiem

Fate/Requiem 1 星巡る少年 (TYPE-MOON BOOKS)
星空 めてお
―――昔、大きな戦争があった。戦争は終わり、世界は平和になった。今では誰もが“聖杯”を持ち、運命の示すサーヴァントを召喚する。ただ一人の少女、宇津見エリセだけがそれを持たない。少女は、世界で最後に召喚されたサーヴァントの少年と出会う。だが彼女はまだ、自分の運命を知らない。

Fate/Labyrinth

Fate/Labyrinth (単行本コミックス)
桜井 光
沙条愛歌がセイバーと共に亜種聖杯を求めて伝説の迷宮をゆく!行く手を阻む数々の幻想種たち、遭遇する新たなサーヴァント――はたして生きて魔窟を出られるのか?

シナリオ集

Fate/EXTRA MOON LOG:TYPEWRITER(全巻)

Fate/EXTRA MOON LOG:TYPEWRITER
奈須 きのこ
大ヒットゲーム「Fate/EXTRA」のシナリオ集。

Fate/EXTRA CCC VOID LOG:BLOOM ECHO(全巻)

Fate/EXTRA CCC VOID LOG:BLOOM ECHO
奈須 きのこ
前作「Fate/EXTRA MOON LOG:TYPEWRITER」に引き続き、約500ページの大ボリュームでお届け!

設定資料集

Fate/Prototype -Animation material-

Fate/Prototype -Animation material- (TYPE-MOON BOOKS)
TYPE-MOON
「Fate/stay night」の原型として映像化され、話題となった「Fate/Prototype」。その未使用となった秘蔵のコンテを含めたオリジナルコンテ(総カット数379カット、総尺36分2秒)を完全収録。更に、アニメの特典として付属されていた小冊子「Prototype material」の内容も一部追加と修正を行った上で再収録して、全ページフルカラーでお届けします!
過去記事
この記事を書いた人
ねこくま

(´・(ェ)・`)雪だるまのねこくまです。
Twitterではゲームやマンガなどの速報をつぶやいています。

(´・(ェ)・`)ふぉろーみー
(´・(ェ)・`)ふぉろーみー
ねこくまぶろぐ

コメント