【終了】『信長公記』『新撰組顛末記』などが30%OFF以上セール! KADOKAWA日本の歴史フェアは7月4日まで

過去記事

Kindleにて、KADOKAWAの歴史書・歴史小説を対象とした30%OFF以上セール7月4日まで開催している。

織田信長の家臣が信長の生涯を記した『信長公記』や、新撰組古参幹部の永倉新八による『新撰組顛末記』など、歴史ファン向けな本が500冊以上対象になっている。

スポンサーリンク

ピックアップ

現代語訳 信長公記

現代語訳 信長公記 (新人物文庫)
太田 牛一
織田信長の生涯を描いた一代記である「信長公記」は、信長の旧臣太田牛一が、実際に見聞きした信長の記録をもとに執筆したもの。そんな一級史料が現代語訳版でスラスラ読める! 信長ファンの必読書。

織田信長の家臣が記した信長の生涯

淡々と記されているが、資料的価値は高く、歴史ファン必読の書だと思う。

新撰組顛末記

新撰組顛末記 (新人物文庫)
永倉 新八
新撰組の副長助勤となり、のちに二番組長を兼任した新八は、近藤勇らとともに池田屋へ斬り込んだ。北海道に渡り小樽に住んだ新八が、大正2年(1913)3月から『小樽新聞』記者の取材に応じて語った連載をまとめたのが本書である。近藤勇や土方歳三らとの交友、池田屋の乱闘、など幕末動乱の修羅場をくぐり抜けた者のみが知る生々しい証言が満載の、新撰組を知るための第一級の史料である。

漫画『ゴールデンカムイ』でもご活躍中の、新撰組二番隊組長として知られる永倉新八が、老年取材に応じて語った内容をまとめた本。

新撰組古参幹部の証言なので、こちらも資料的価値は高い。

ほか30%OFF以上

武田氏滅亡

信長の原理

光秀の定理

散り椿

忍者の兵法

敗者の古代史

室町幕府崩壊

江戸の旗本事典

代官の日常生活

ペリー提督日本遠征記

関東戦国史

闇の歴史、後南朝

殴り合う貴族たち

真田信繁

氷川清話

古田織部の正体

武士の絵日記

福翁百話

関ヶ原前夜

むかし・あけぼの

新版 万葉集

過去記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人
ねこくま

(´・(ェ)・`)雪だるまのねこくまです。
Twitterではゲームやマンガなどの速報をつぶやいています。

(´・(ェ)・`)ふぉろーみー
(´・(ェ)・`)ふぉろーみー
ねこくまぶろぐ

コメント