【ハースストーン】初心者情報まとめ! アカウント作成からカードパックの仕様まで

シェアする

ハースストーン短編アニメーション: 「炉端においでよ」
kuma9
これからハースストーンを始める人向けに、ハースストーンの基本情報をまとめてみた。ちょっと長いけどな。
neko10
特に後半の、カードパックの仕様は知っておいたほうがいいね。
スポンサーリンク

アカウント作成

nekokuma001

nekokuma000
Hearthstone: ハースストーン公式ゲームサイトでBlizzardのアカウントを作成する。
kuma1
まずはBlizzardの公式サイトBlizzardのアカウントを作成する。
neko9
秘密の質問」を忘れないようにニャ。

ダウンロード&インストール

PC版(Win/Mac)

Hearthstone: ハースストーン公式ゲームサイト

iPhone版


Android版


kuma5
対応機種ではWin/Mac/iPhone/Androidだな。課金のことを考えると、Google PlayよりAmazonアプリストアからのダウンロードのほうがオススメだ。

サーバーの選択

nekokuma002

・サーバーは「アジア」「南北アメリカ(NA)」「ヨーロッパ」の3つから選択できる。

・サーバーは無料で自由に変更できるが、集めたカードなどの資産を他のサーバーへ持ち出すことはできない。例えばアジアからNAに移っても、アジアで集めたカードはNAでは使えない。NAからアジアに戻せば、アジアで集めたカードを再び使えるようになる。

・日本での大会などのイベントは、基本的にアジアサーバーで行われる(らしい)。大会などのイベントに参加するつもりなら、アジアサーバーで始めたほうが良い。

kuma12
私はNAサーバーでプレイしているが、将来的に大会などの国内イベントに参加したいと思っているなら、アジアサーバーで始めたほうが良い。
neko6
有料でいいから、カード資産を持ったままサーバー移転できるようにしてくれると嬉しいんだけどねー。

ゲームの種類

Hearthstone Screenshot 12-28-17 07.36.32

AI戦(ソロ)

練習

Hearthstone Screenshot 12-27-17 22.07.12
・難度が低い初心者向けのAI対戦。「ノーマル」と「エキスパート」の2種類の難度がある。

アドベンチャー

Hearthstone Screenshot 12-27-17 22.07.03

・特殊ギミックを持ったAIとの対戦モード。難度が高くやりごたえがあり、さらにクリアすることで報酬も貰える。

・2017年12月現在、無料でプレイできるのは「凍てつく王座」「コボルトと秘宝の迷宮」の2つ。

・「ワン・ナイト・イン・カラザン」はゴールドもしくは課金で購入することによってプレイが可能になる。クリアすると、ここでしか手に入らないカードを入手できる。ただし、「カラザン」で入手できるカードが一般ルールの「スタンダード」で使えるのは2018年4月頃まで

・「カラザン」以前のアドベンチャーは、公式サイトから課金することでプレイが可能になる。クリア報酬でカードが貰えるが、それらのカードは今はもう「スタンダード」では使えない。

kuma4
AI対戦には、「アドベンチャー」という面白いゲームモードが用意されている。特に2017年12月に追加された「コボルトと秘宝の迷宮」は好評だな。
neko2
コボルトと秘宝の迷宮」は普段とは違うチートプレイをできるのが楽しいね。カードがなくてもプレイできるし。
kuma5
アドベンチャーだと他には「カラザン」もあるが、こちらはゴールドかリアルマネーが必要だし、報酬のカードは2018年4月頃までしか使えないので、購入する価値があるかは人によりけりだな。
neko15
作りたいデッキにどうしても「カラザン」のカードが必要だとか、あるいは純粋にそのアドベンチャーを遊びたいっていうのでない限り、無理に買うほどではないのー。

対人戦

カジュアル

Hearthstone Screenshot 12-27-17 22.06.35

・勝っても負けてもランクには関係しない、カジュアルな対人戦モード。

・対戦ルールには古いカードが使えない一般ルールの「スタンダード」と、どんなカードでも使える「ワイルド」の2種類がある。

・3勝するごとに10ゴールド貰える。

・デイリークエストの消化にも使える。

kuma1
対人戦のルールには古いカードが使えない「スタンダード」と、どんなカードでも使える「ワイルド」の2種類あるが、「ワイルド」はかなりマイナーなルールなので気にしなくて良い。

ランク戦

Hearthstone Screenshot 12-27-17 22.06.39

・勝つとランクが上がり、負けるとランクが下がる対人戦モード。「ラダー」とも言われる。

・ランク25から始まり、ランク1より上のレジェンドランクが最高。レジェンドランク内でも順位があり、勝つと順位が上がり、負けると順位が下がる。

・その月の最高ランクによって、報酬としてカードや魔素が貰える。

・ランク25から20までは、負けてもランクが下がらない。

・ランク25から6までは、3連勝以上すると、連勝ボーナスでさらに1勝分の勝ち星が貰える。

・ランク20、15、10、5、レジェンドランクは、負けてもそれより下のランクに下がることはない。

・ランクは毎月リセットされる。前月でレジェンドランクになっていようと、ほとんど最初のほうからのスタートになる。

・「スタンダード」と「ワイルド」のルールによってランクは分けられている。スタンダードでレジェンドランクになってもワイルドではそうでないし、逆も同じ。

・カジュアル同様、3勝するごとに10ゴールド貰えるし、デイリークエストの消化にも使える。

kuma10
ランク戦」はこのゲームのメインコンテンツだな。連勝ボーナスがあるので、ランク5までは簡単だから、初心者はそこらを目標にしてみれば良いと思う。
neko10
上のランクを目標にプレイしていくとええね。

闘技場

Hearthstone Screenshot 12-27-17 22.07.23

・ランダムなヒーローやカードを使って対戦する対人戦モード。

・150ゴールドか240円払うことでプレイ可能。初回だけ無料。

・3敗するか12勝すると終了で、勝利数に応じて報酬が豪華になっていく。3勝でおよそ150ゴールド分の報酬を得られるので、平均してそれ以上勝てるならパックを購入するよりお得。

kuma1
闘技場」はゲームとしては面白いが、初心者はあまり勝てないので、報酬的には旨みがない。
neko6
まぁ、そのゴールドでカードパックを買ったほうがお得になるじゃろうね。

酒場の喧嘩

Hearthstone Screenshot 12-28-17 07.35.58

・毎週木曜~月曜に開放される、週替わりの変則ルール。

・毎週1勝するとカードパックが貰える。

kuma5
酒場の喧嘩」では毎週カードパックが1つ貰えるので、毎週1勝はしておくと良いな。

デッキとカードの作成

デッキの作成

Hearthstone Screenshot 12-27-17 22.19.55

・「コレクション」からデッキ作成画面に移れる。

デッキコードをコピーしておくことで、そのデッキコードのデッキと同じデッキを自動的に作成することができる。



kuma8
デッキ作成は「コレクション」から可能だ。上のようなデッキコードをコピーしておけば、自動的にそのデッキを作成することもできる。

カードの還元と作成

Hearthstone Screenshot 12-27-17 22.42.19

・コレクション画面下の「作成」から、カードの作成画面に移ることができる。

・カードの作成画面では、所持している不要なカードを「魔素」に還元したり、還元した魔素を使って好きなカードを作成することができる。

kuma4
不要なカードは砕いて「魔素」に還元できる。その魔素を使うことで、好きなカードを作成することができる。
neko1
使わないカードは砕いて、必要なカードを計画的に作成していくとええね。

還元と作成の魔素

Hearthstone Screenshot 12-27-17 22.43.35
カードのレアリティ 還元 作成
コモン 5 40
ゴールデンコモン 50 400
レア 20 100
ゴールデンレア 100 800
エピック 100 400
ゴールデンエピック 400 1600
レジェンド 400 1600
ゴールデンレジェンド 1600 3200
kuma2
レア度別の、還元で得られる魔素と、作成に必要な魔素はこうなっている。各カードにはゴールデンが用意されているが、これは見た目が綺麗なだけなので、砕いて還元してしまえば良い。

おすすめデッキ

カードパックの仕様

カードパックの種類と購入仕様

Hearthstone Screenshot 12-27-17 22.11.27

・カードは基本的に「ショップ」でカードパックを購入することによって入手できる。

・カードパックはゲーム内マネーのゴールドか、リアルマネーの課金で購入できる。

・2017年12月現在、購入できるカードは「クラシック」と、拡張の「旧神のささやき」「仁義なきガジェッツァン」「大魔境ウンゴロ」「凍てつく王座の騎士団」「コボルトと秘宝の迷宮」、そしてアドベンチャーの「ワン・ナイト・イン・カラザン」の7種類。

・カードパックは1パック5枚入り。最低1枚はレア以上確定。

・クラシックや各拡張パックからは、パックごとに最初の10パックでレジェンドカードが確定入手できる。以降は、パックごとに40パックで確定入手になる。

所持しているレジェンドカードは出現しなくなる。所持していれば重複する心配はない(還元した場合は別)。

・「ワン・ナイト・イン・カラザン」はアドベンチャーのみで、カードパックは存在しない。クリア報酬でカードが入手でき、入手できるカードは固定。

kuma9
クラシック」だろうと「コボルトと秘宝の迷宮」だろうと、最初の各10パックからは確定で最高レアのレジェンドカードが出現する。

スタン落ち

Hearthstone Screenshot 12-27-17 22.11.07

毎年4月頃になると、1年4ヶ月前~2年前頃に登場した拡張パックのカードは、一般ルールの「スタンダード」で使えなくなる(マイナールールの「ワイルド」では使える)。いわゆる「スタン落ち」。

・「クラシック」のカードは基本的にスタン落ちしない。ただし平均すると拡張パックのカードに比べて弱いというデメリットがある。

kuma5
そして毎年4月頃に登場する拡張パックと同時に、大体2年前くらいのカードが使えなくなる。これを「スタン落ち」と言う。
neko15
「クラシック」以外の拡張パックのカードは、2年ほど経つと使えなくなるわけね。んで、「クラシック」はずっと使えるけど、そのかわり平均するとあまり強くないってわけねー。

スタン落ちの時期


クラシック:期限なし

ワン・ナイト・イン・カラザン:2018年4月頃

旧神のささやき:2018年4月頃

仁義なきガジェッツァン:2018年4月頃

大魔境ウンゴロ:2019年4月頃

凍てつく王座の騎士団:2019年4月頃

コボルトと秘宝の迷宮:2019年4月頃

kuma8
スタン落ちの時期はこうなっている。今購入するなら期限の長い「大魔境ウンゴロ」「凍てつく王座の騎士団」「コボルトと秘宝の迷宮」が良いな。
neko4
最初の10パックはレジェンド確定なわけだから、とりあえずそれらと「クラシック」を10パックずつ買うとええかの。

課金

nekokuma000

・カードパックはスマホ版だと40パックまで、PC版だと60パックまでまとめ買いが可能。当然まとめ買いしたほうが1パックあたりの価格は安くなる。

・Android版の場合、Amazonコインを使うことで最大20%以上割引される。Amazonコインはたまにセールやコインバックも行われる。PCでもエミュレーターでAndroidとしてソフトを起動することはできるが、ご利用は自己責任で。

最初の1回のみ、「クラシック」のカードパック10個セット(クラスのレジェンドカード1枚確定)の「歓迎バンドル」を購入できる。お買い得な価格なので、まずはこれを購入すると良い。

kuma12
最後に課金について。課金するならまずは「歓迎バンドル」を購入し、以降はPC版の60パックセットか、Android版のAmazonコイン+40パックセットがお買い得だ。
neko9
iPhoneを使ってる人なら、AmazonのFireタブレットがあると便利ね。

初心者おすすめパック情報

http://nekokuma.com/post-78695/

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

 

 コメント

  1. 名無しのスノーマン 2017/12/28(木) 13:16:45 ID:04aa713f8 返信

    今始めるのはいいかもな
    スタンダード4月に落ちるし
    落ちないパックの資産を今から集めれば4月からそんなに課金しなくても本格的に遊べる

  2. 名無しのスノーマン 2017/12/28(木) 20:49:06 ID:e9816c04f 返信

    グウェントやろうぜ