WordPressのサーバー移行 - wpXレンタルサーバーからwpXクラウドへ

シェアする

nekokuma001
kuma12
「先日、姉妹サイトのねくまげーむを、wpXレンタルサーバーからwpXクラウドへ移行した。一昨年にエックスサーバーから移行して以来の、2度目のサーバー移行だな。」



neko5
「Twitterでつぶやいたけど、移行はちょっとグダっちゃったんだよニャ。前回もそうだったけど、サーバー移行作業はなかなかすんなりいかんニャ。」



kuma8
「記事のアップロードがうまくいかなくて、いやもうホント大変だったよ。というわけで、これから移行する人のために、WordPressでのサーバー移行の話をしよう。」


Sponsored link

サーバー移行前の準備

kuma2
「まずは移行の準備。主にwp-contentフォルダと、記事・コメント・設定のバックアップだな。wpXを例にしているが、どこでも大きな違いはない・・・はずだ。」



neko6
「同じwpX間での移行だから、作業が省略できることを期待したけど、そんなことはなかったニャ。」

wp-contentフォルダのダウンロード

nekokuma004

・FTPなどでwp-contentフォルダ内のデータをダウンロード。

・主にthemes(サイトテーマ)とuploads(画像)とplugins(プラグイン)の3つのフォルダ。

kuma3
「wp-contentフォルダのバックアップを取る。基本的にはthemesとuploadsとpluginsの3つのフォルダだが、どれが必要か分からなかったら、とりあえず全部ダウンロードしておけばいい。」



neko5
「uplodsフォルダの画像ファイルが強敵だったよニャ。ダウンロード時間的な意味で。」



kuma1
「画像の容量によっては数時間以上かかるからな。私のサイトも画像が多いから、これに時間がかかった。」

記事、コメント、設定のバックアップ

nekokuma003
nekokuma000
nekokuma003

・記事、コメント、設定などのバックアップを取る。

・wpXの場合、管理パネル⇒「設定」⇒「データベースのバックアップ」でデータをエクスポートするのが簡明。

・phpMyAdminからバックアップをエクスポートする手もある。

・WordPress管理画面の「ツール」⇒「エクスポート」からエクスポートする手もある。

・重要なデータなので、念入りにバックアップを取っておいたほうがいい。

kuma10
「記事やコメント、設定などのバックアップだが、これは非常に重要なので、様々な方向から念入りに取っておいたほうがいい。」



neko6
「記事を復元できないと色々終わるからニャ。」



kuma9
「wpXの場合は管理パネルからバックアップを取れるので、それが簡単だと思う。後述するが、データ容量が大きい場合、gz形式などに圧縮しておいたほうがいいかもな。」

.htaccessファイルのダウンロード

nekokuma004

・.htaccessファイルをダウンロード、または内容をメモする。

・wp-contentがあるフォルダと同じ場所にある。

・wpXの場合、管理パネルからもアクセスできる。

kuma2
「私は必要なかったが、人によっては.htaccessファイルも必要だな。必要かどうか分からなかったら、とりあえずダウンロードするなり、内容をメモするなりしておけばいい。」



neko6
「備えあればうんたらかんたら。」

サーバー移行の手順

kuma4
「準備作業は終わり。次はいよいよサーバー移行作業をする。」

ドメインの追加

nekokuma002

・移行先のサーバーでドメインを追加する。

・wpXの場合、管理パネル⇒「ドメイン追加設定」から追加する。

・必要なら、ドメインのネームサーバーを移行先に変更する。(wpX間の移行の場合は当然必要なし)

・ドメインの追加やネームサーバーの変更には、数十分から数時間以上かかる。

・wpXのレンタルサーバーからクラウドへ移行する場合、一度レンタルサーバー側のドメインを削除して、それからクラウド側でドメインを追加する必要がある。

・ドメインを削除するとデータが消えるので、事前にバックアップを念入りにしておいたほうがいい。

kuma3
「まずはドメインの追加。私の場合はwpX間でのサーバー移行だったので、事前にレンタルサーバー側のドメインを削除してから、クラウド側で追加しなおすという作業が必要だった。」



neko9
「ドメインを削除するとサイトのデータが消えちゃうから、バックアップをしっかり取っとかないとシャレにならないんだよニャ。」



kuma10
「後悔しないように、念入りにバックアップを取っておくべきだな。ちなみに、追加したドメインが反映されるまでには30分~1時間ほどかかったと思う。」



neko1
「だいたいエックスサーバー系はそんなもんだよニャ。」

WordPressのインストール

nekokuma003
・WordPressを新規インストールする。
kuma1
「wpXなどのエックスサーバー系の場合、管理パネルから簡単にインストールできるな。」

wp-contentフォルダのアップロード

nekokuma004

・FTPなどを使い、ダウンロードしておいたwp-contentフォルダ内のデータをアップロードする。

・たいていはthemesとuploadsとpluginsの3つのフォルダ。

kuma2
「準備編でダウンロードしておいたwp-contentフォルダ内のデータをアップロードする。uplodsフォルダ(画像)は、アップロードに時間がかかるようなら後回しにしてもいい。」



neko6
「画像はダウンロードと合わせて半日作業だったよニャ。」

記事、コメント、設定のインポート

nekokuma003

・エクスポートしておいたバックアップデータをインポートする。

・wpXの場合、管理パネル⇒「データベースのバックアップ」からインポートするのが簡明。

・phpMyAdminからバックアップをインポートする手もある。

・WordPress管理画面の「ツール」⇒「インポート」からインポートする手もある。その場合、WordPress Importerなどのインポートプラグインが必要。

・容量が大きくてうまくインポートできない場合、gz形式などに圧縮してからインポートしてみる。

kuma10
「エクスポートした記事などのバックアップデータをインポートする。私は最終的にwpX管理パネルの「データベースのバックアップ」でインポートしたが、インポートできればなんでもいい。」



neko5
「ここで記事だけインポートがうまくいかなくて困ったんだよニャ。容量が大きすぎたせいだと思うけど。」



kuma6
「インポートエラーで4時間ほど悪戦苦闘したな。gzに圧縮したらアッサリ解決したけどな。」

.htaccessの編集

nekokuma000

・必要なら.htaccessの内容を編集(コピペ)する。

・wpXの場合、管理パネルで編集できる。

kuma9
「.htaccessがよく分からないという人には、たぶん必要のない作業だと思う。」

まとめ


・移行前の準備は、wp-contentフォルダと.htaccessのダウンロード、記事やコメント、設定などのバックアップのエクスポート。

・移行作業は、ドメイン追加、WordPressインストール、wp-contentフォルダのアップロード、バックアップのインポート(必要なら.htaccessの編集)。

・wpXのレンタルサーバーからクラウドへ移行する場合、ドメインを一度削除する必要があるので、バックアップは念入りに取っておく。

・容量が大きくてバックアップのインポートがうまくいかない場合、gz形式などに圧縮してみる。

kuma3
「まとめ。今回は記事バックアップの容量が大きすぎてインポートできないというトラブルで手間取った。」



neko6
「次こそはスムーズに移行できるといいニャ。次があるかは知らんけど。」



Sponsored link

シェアする

フォローする

  1. 名無しのスノーマン 2015/09/28(月) 06:12:09 ID:cb9337ec0 返信

    に、日本語で・・・

(´・(ェ)・`)スパム対策のため、海外IPの方のコメントは規制しています。
(´・(ェ)・`)性的、暴力的、差別的な単語、荒らしがよく使う単語などが含まれているコメントや、荒らしの多いIPは、承認待ちになります。