パズルゲームおすすめスマホアプリ20選! 無料から有料までランキングで紹介

ゲームアプリ

私がプレイしたスマホアプリのパズルゲームの中で、特に面白いと思ったものをランキング形式で紹介していこう。

無料のパズルアプリは広告が邪魔になりがちなので、有料アプリを多めに扱っていく。

スポンサーリンク

有料パズル

1位:Threes!

Threes – Official Trailer
・数字を重ねて大きくしていくシンプルさ
・楽しい喋る数字
・終わりのない中毒性の高さ

1と2、もしくは同じ数字を合わせていくというシンプルなパズル。
私のお気に入りナンバーワン。

1と2を重ねると3になる。
3と3を重ねると6になる。
6と6を重ねると12になる。

そんな感じでどんどん数字を重ねて大きくしていく。
そして大きな数字を作るほど高得点になる。

シンプルなデザインだし、BGMも良い。
数字たちは喋るのだが、これも面白い。

中毒性が高く、一時期かなりハマった。
暇があればプレイしたくなるゲーム。

Threes!

Threes!

Sirvo LLC¥720posted withアプリーチ

2位:Gorogoa

GOROGOA | Launch Trailer
・数々の賞を受賞した芸術的パズル
・イラストを動かして探索するという面白い発想
・現代風の不思議な世界観

英国アカデミー賞をはじめ、数々の賞を受賞した名作パズル。
ほんと発想が素晴らしいゲーム。

このゲームでは最大で4枚のイラストの中を探索していく。

イラストは拡大・縮小だけでなく、動かすこともできるのが特徴。

上の画像のように、イラストを動かして2枚を重ねて1枚のイラストにしたり、逆に1枚のイラストを2枚に分けることなどができる。

そういったイラストを動かすことを活かした様々なギミックが用意されており、プレイしていて何度も感動させられた。

不思議な世界観も素晴らしく、これは是非プレイしてほしいと強くおすすめできるゲーム。

Gorogoa

Gorogoa

Annapurna Interactive¥600posted withアプリーチ

3位:Bring You Home

Bring You Home – Official Trailer
・ペットを救うため様々な世界を冒険
・場面(パネル)を操作して障害を排除するパズル
・和む可愛いビジュアル

可愛い雰囲気のパズルアドベンチャー。
誘拐されたペットを救い出すため、数多の世界を冒険するストーリー。

主人公のポロの前には常に困難が立ちはだかる。
ぶっちゃけポロは殺されまくる。

そこでプレイヤーは、ポロが失敗する場面で時間を巻き戻して、その場面を違う場面に変更したり、別の場面と入れ替えたりしながら、困難を排除していくことになる。

例えば上の画像だと、ポロの目の前の墓にはオオカミが隠れている。
このまま進むとポロはオオカミにコロコロされてしまうので、プレイヤーはこの場面を違う場面に変えないといけないというわけだ。

違う場面に変えるとまた違った困難に遭遇することもあるのだが、何度失敗しても巻き戻しができるので、試行錯誤して乗り越えていく。

気軽にトライできるパズルだし、ビジュアルやBGMも良く、最後の演出も感動的だった。

Bring You Home

Bring You Home

Alike Studio¥360posted withアプリーチ

4位:Machinarium

Machinarium – Official Trailer
・謎解きパズルアドベンチャー
・ロボットたちが暮らすスチームパンクな世界観
・魅力的な絵本風のビジュアル

スチームパンクなパズルアドベンチャー。
数々の賞を受賞した有名なゲーム。

プレイヤーはゴミ捨て場に捨てられたロボットを操作して、ロボットたちが暮らす街を進んでいく。

ロボットは伸びたり縮んだりできるので、それで高さを調整しながら怪しいところをタップしたり、あるいは入手したアイテムを組み合わせたりして、謎解きをしていく。
謎解きは結構難しく、やりごたえがある。

そして最大の魅力は、絵本のようなビジュアルで描かれた不思議な世界観。
雰囲気が素晴らしいゲーム。

Machinarium (マシナリウム)

Machinarium (マシナリウム)

Amanita Design s.r.o.¥360posted withアプリーチ

5位:Million Onion Hotel

Million Onion Hotel PV (NEW)
・moon開発者による、もぐら叩きアクションパズル
・意外すぎるストーリー展開
・moonを遥かに超える意味不明な雰囲気

名作RPG「moon」の開発者によるアクションパズル。

簡単に言うともぐら叩きで、沸いたオニオンを叩き潰して、縦横斜めのいずれかに5マスのラインを作る。
1ラインだけよりも、同時に複数のラインを作ったほうがお得。

さらにボーナスゾーンやボス戦などもあり、なかなか変わったパズルになっている。

そしてパズルをある程度進めるごとにストーリーを見れる。
最初はホテルでオニオンスープを飲む穏やかな内容だが、段々と凄まじい展開になっていく。

まぁ何ともいえない不思議なゲーム。

Million Onion Hotel

Million Onion Hotel

ONION GAMES, K.K.¥480posted withアプリーチ

6位:Love You to Bits

Love You to Bits – Official Launch Trailer
・彼女を救うため冒険するSFパズルアドベンチャー
・ステージごとに凝ったギミック
・和むビジュアルとストーリー

和むビジュアルの謎解きパズルアドベンチャー。
開発者は上で紹介した「Bring You Home」と同じ。
ちなみにWii Uなどで発売している「Tiny Thief」とも同じ開発者。

宇宙でバラバラになったロボットの彼女のパーツを探すため、奇妙な世界を冒険していくストーリー。

パズルはステージごとに凝ったギミックが用意されている。

そしてステージごとに隠されたアイテムを見つけると、彼女との思い出を見ることができる。
心温まるお話。

Love You To Bits

Love You To Bits

Alike Studio¥480posted withアプリーチ

7位:Hidden Folks

Hidden Folks Teaser
・風景イラストの中から隠れた人たちを見つけ出す
・イラストはアニメーション。物はタップで動かしたりできる
・ときには複数の仕掛けを見つけることも必要

「ウォーリーをさがせ!」のような人探しゲーム。
App Storeで2017年のGame of the Yearに選ばれた作品。

イラストは「ウォーリーをさがせ!」とは違って白黒で、しかもアニメーションでちょこちょこ動く。

ドアをタップするとドアが開くなど、イラストの中の物はタップで動かせることがある。
ときには複数の物をタップして、ギミックを駆使しないと見つからないこともある。

また、タップすると様々な効果音が鳴るのも楽しい。

「ウォーリーをさがせ!」より難しいが、ゲームとしてはこちらのほうが面白い。

Hidden Folks

Hidden Folks

Adriaan de Jongh¥480posted withアプリーチ

8位:Dissembler

Dissembler – Launch Trailer
・隣り合うパネルを入れ替えながら同色を3つ並べて消す
・シンプルながらもしっかりとして読みが必要なパズル
・センスあるデザイン

隣り合うパネルを入れ替えながら、同色のパネルを3つ以上並べて消すパズル。

例えば赤色のパネルを消したら次に緑色のパネルが出現するなど、問題によっては1つのパネルに2つの色が仕込まれていることもある。
文章だとちと分かりにくいかと思うが、ここらの発想が面白い。

問題はしっかりと先を読まないと全部消せないようになっている。
パズルらしいパズルと言えるか。

シンプルながらもよくできたパズルで、デザインもセンスがある。

Dissembler

Dissembler

Ian MacLarty¥360posted withアプリーチ

9位:the Sequence [2]

・矢印を駆使して球を運ぶ
・矢印の設置場所、方向、順番をしっかり考える必要がある
・独特なデザイン

矢印を駆使して、出てくる球を次々とゴールへ運ぶ永久機関を作り出すパズル。

自由な場所に自由な向きで矢印を設置できる。
矢印は向きの方向に球を押すか、もしくは矢印の向きと逆方向に球を引くことができる。

そうやって矢印を設置して、矢印の機能する順番を決めて、球を指定の場所へと運んでいく。
「Dissembler」と同じく読みが重要。

文章だとよく分からないかもしれないが、なかなか変わった面白いゲームデザイン。
一風変わったパズルをしてみたいという人におすすめ。

the Sequence [2]

the Sequence [2]

Maxim Urusov¥240posted withアプリーチ

10位:Splitter Critters

Splitter Critters Trailer
・画面を切ってズラして道を作りだす
・発想が重要
・ARも可能

切ってズラして道を作るパズル。
2017 Apple Design Awardの受賞作品。

画面をスワイプすると、その場所を真っ二つに両断できる。
そして両断した2つの画面をズラすことで新たな道を作り出し、謎の宇宙生物が宇宙船の場所に渡れるようにする。

まぁ動画を観てもらったほうが分りやすいかと思う。
発想が大事なゲーム。

そしてARでもプレイできる。

Splitter Critters

Splitter Critters

RAC7 Games¥360posted withアプリーチ

無料パズルRPG

1位:スドリカ

・「Deemo」や「Cytus」を開発したレイアークのパズルRPG
・戦術性があるブロック消し
・ストーリー、戦闘、ビジュアル、BGMの全てがハイクオリティ

リズムゲームの「Deemo」や「Cytus」で知られるレイアークの新作パズルRPG。
雰囲気の良い絵本風のビジュアルが特徴。

ストーリーは様々な登場人物たちの物語が一つに繋がっていく群集劇。
先が気になる内容になっており、登場人物一人一人が魅力的。

戦闘はブロックを消してスキルを発動していくパズル。
消すブロックの色によってスキルを発動するキャラが変わり、さらに消す個数によって発動するスキルが変わるので、なかなかに戦術性がある。

またステージによってはギミックが用意されている。
そのギミックに対応できる組み合わせでパーティを編成することも、ときには必要になる。

ストーリーも戦闘もビジュアルもBGMも、全体的に良く出来たゲーム。

Sdorica(スドリカ)

Sdorica(スドリカ)

Rayark International Limited無料posted withアプリーチ

2位:クルセイダークエスト

・レトロで良い雰囲気なドット絵とBGM
・編成の戦術性が高いスピーディなブロック消し
・豊富な育成要素

レトロなドット絵とBGMが特徴なパズルRPG。

戦闘は「スドリカ」と同じで、消したブロックによってスキルを発動していくシステム。
時間経過で次々とブロックが来るので、瞬時に判断して消していかなくてはいけない。
キャラの組み合わせにも結構な戦術性がある。

そして育成要素が豊富。
キャラもスキルも装備も、山ほど育成が用意されている。
カンストしてからが始まりみたいな感じ。

パズルというよりRPG要素が強いが、雰囲気が良いので個人的にはかなり好きなゲーム。

クルセイダークエスト

クルセイダークエスト

NHN Entertainment Corp.無料posted withアプリーチ

3位:コトダマン

・言葉で戦うRPG
・限られた文字で可能な限りの単語を作るパズル
・ビックリマン風のキャラデザイン

ビックリマン風のキャラデザインが特徴な、言葉で戦うRPG。
限られた文字の組み合わせで単語を作って攻撃するという、面白い発想の戦闘が特徴。

例えば上の画像の場合、「あ○○○○めい」という題材が出されており、これに「み」「ひ」「ろ」「た」の文字を埋め込んで単語を作る(1つ文字を使うと他の文字が補充されるので、実際にはもう少し文字を使う)。

毎回頭を使って考えることになるが、これがなかなか良い脳トレになる。
分からなくてヤケになって適当に組み合わせても、意外と単語が成立するのも面白い。

パズルとRPGを上手く融合させており、まさに発想の勝利。

【新作】コトダマン ‐ 共闘ことばRPG

【新作】コトダマン ‐ 共闘ことばRPG

SEGA CORPORATION無料posted withアプリーチ

4位:勇者のくせにこなまいきだDASH!

・「勇なま」のマッチ3パズル
・魔物ブロックを3つ並べて魔物を生み出して攻撃
・コンシューマー版と同じ良曲

「勇なま」シリーズのスマホアプリ。
今作はPS Vita版の同タイトルと同じマッチ3パズルになっている。

戦闘では、ツルハシで不要なブロックを破壊して、同じ魔物のブロックを3つ以上並べると、魔物を召喚して勇者を攻撃できる。
制限時間が短いため、瞬時に素早く判断していかなくてはいけない。
忙しいが、クセになる楽しさ。

BGMもコンシューマー版と同じで良い曲。

勇者のくせにこなまいきだDASH!

勇者のくせにこなまいきだDASH!

ForwardWorks Corporation無料posted withアプリーチ

5位:勇者ヤマダくん

・「moon」開発者によるパズルRPG
・一筆書きで進行ルートを決める戦闘
・コメディなストーリー

一筆書きでバトルをするという珍しいパズルRPG。
「Million Onion Hotel」と同じく、こちらも「moon」開発者によるゲーム。

会社をサボってゲーム開発をするダメ人間な中年のヤマダくんが主人公という、コメディチックなストーリー。
プレイヤーはヤマダくんが開発中のゲームをデバッグするという形でプレイしていくことになる。

戦闘では、ダンジョン各層の入り口からゴールまでのルートを一筆書きで決める。
要は同じマスを通ってはいけないというルール。

道中では魔物との戦闘や、アイテムの入手、トラップも絡んでくる。
必ずしも全てのマスを通らないといけないというわけではないので、どういうルートにするか色々と考える要素がある。

「コトダマン」と同じく、こちらもパズルとRPGを上手く融合させた面白い発想のゲーム。

勇者ヤマダくん

勇者ヤマダくん

DMM GAMES LLC.無料posted withアプリーチ

無料パズル

1位:ぼくらベアベアーズ Match3 Repairs

ぼくらベアベアーズのパズルゲーム【ぼくらベアベアーズ MATCH3 REPAIRS】が新登場!
・派手な演出のマッチ3パズル
・大量のブロックをまとめて消せて気分爽快
・3匹のクマが可愛い

アメリカの人気アニメ「ぼくらベアベアーズ」のパズルゲーム。
可愛い3匹のクマたちが主人公。

同じブロックを3つ以上並べると消せるマッチ3パズル。

さらに4つ以上まとめて消すと、広範囲にブロックを消せる強力なアイテムが出現。
複数のアイテムを同時に使うと、画面のほとんどのブロックを破壊できて気分爽快。

頭を使って厳密に計算して消していくパズルというよりも、4つ以上を狙って適当に消していればなんとかなるアバウトなバランスなので、割と気楽にプレイできる。

そしてパズルをクリアしていくとストーリーが進んでいく。
クマたちが可愛いので見ていて和む。

マッチ3パズルは色々と配信されているが、派手な演出が楽しいからか、個人的にはこれが一番ハマった。

ぼくらベアベアーズMatch3 Repairs

ぼくらベアベアーズMatch3 Repairs

Sundaytoz, INC無料posted withアプリーチ

2位:KAMI 2

・折り紙を使ったセンスあるデザインの色塗りパズル
・ステージは自作できる
・他の人が作成したステージもプレイできる

折り紙デザインの色塗りパズル。

指定された手数内で、画面の色をどれか一色に染めないといけないというルール。
しっかりとした読みが大事。

問題を解くだけでなく、自分でも問題を作成することもできる。
さらに、他の人が公開した問題を解くことも可能。

折り紙を活かした演出もあり、センスを感じられるデザイン。

KAMI 2

KAMI 2

State of Play Games無料posted withアプリーチ

3位:Fill

純粋な一筆書きパズル。
同じ場所は二度通らずに、全ての場所を通るというルール。

あまり言うことがないので文章は短くなるが、ハマりやすいシンプルさ。

Fill 一筆書き パズル ゲーム

Fill 一筆書き パズル ゲーム

MagicAnt LLC無料posted withアプリーチ

4位:セルコネクト

数字を動かして同じ4つの数字を並べると、4つを合計した1つの数字になるというパズル。

1回動かすごとに数字が追加されていくので、効率よく数字を繋げて消していかないと、画面が埋まってゲームオーバーになってしまう。

「Threes!」に似たパズルで、こちらも中毒性がある。

セルコネクト(Cell Connect)

セルコネクト(Cell Connect)

Cheetah Technology Corporation Limited無料posted withアプリーチ

5位:Heart Star

男の子と女の子を切り替えながら進めていくパズルアクション。

男の子は青いブロックの上に乗れて、女の子は赤いブロックの上に乗れる。
トゲなどでどちらかのブロックが通れないときなどは、もう一方の相手の頭の上に乗って運んでもらう。

シンプル操作で簡単なパズル。

Heart Star

Heart Star

Jussi Simpanen無料posted withアプリーチ

関連記事

RPGアプリおすすめ40選! 新作の無料スマホゲームを紹介
ここ最近だけでも100作品以上ものRPGアプリをプレイした私が、面白いRPGアプリを紹介していこう。紹介するのは主に2017年~2018年にかけて配信されたアプリ、もしくは事前登録中のアプリだが、特に面白いと思ったものは新作でなくても紹介す
【2018年版】MMORPG・オンラインゲームの新作スマホアプリ紹介(12月更新)
UOスタートでMMORPGを始めてもうすぐ20年になる古参の私が、新作のMMORPGを中心に、オンラインゲーム(特にRPG系)のスマホアプリを紹介していこう。まぁオンラインとかいまどきの基本無料RPGアプリはほとんどそうなので、MMOではな

その他アプリについてはこれらの記事で紹介している。

コメント

  1. ゴロゴアってスマホゲーでもあるんだ
    よゐこがやってるのみて面白そうだなぁって思ってたんだよね

    • 自分もそれ観て気になってたわ
      よく出来てるなって感心したもの

      この中ではコトダマンやってるわ
      何にも思いつかずんで適当に入れた文字が
      思いがけない言葉に成立したりしてビックリするねw

    • (´・(ェ)・`)ゴルゴアはプレイしてほんと感心した。

  2. ヒカセンあるある:ff14でなくとも、仕掛けの要素を「ギミック」と時々言ってしまう。
    いや、指摘とかではなくふと思っただけなのであしからず。

    • ゲームだとどこもギミックって呼んでる気がするけどなぁ

  3. コトダマン、コンシューマ機でも出してもらえんもんかな

  4. app storeで検索しても箱詰めパズルが出てこないなぁ

    • (´・(ェ)・`)今確認してみたら、なぜかダウンロードできなくなっていますね・・・。